コーヒー豆の通販専門店 カメヤマ珈琲

業務用コーヒー

カメヤマ珈琲では、飲食店様からご発注をいただいてから生豆の焙煎を始め、すべてその日のうちに出荷いたします。最高ランクのコーヒー豆を「挽きたて」だけでなく、「焼きたて」でご提供している店は本当に少ないのです。自家焙煎店で出すコーヒーは焼きたてだから美味しい。そんなコーヒーをお店でお出しいただくために、あなたのお店のお抱え焙煎士としてお役に立ちたいと思っております。

カメヤマ珈琲の「生コーヒー」をご利用頂いているお客様の声

お客さまの心をグッとつかむ『生コーヒー』の魅力

~Re Cafe (谷中銀座)オーナー 小谷野洋子様~

カフェの開業準備中に、偶然見つけたHPでカメヤマ珈琲を知りました。問い合わせをしたらすぐにサンプルが届いて、味がとても気に入りました。打ち合わせをさせていただいた際、焼きたてのコーヒーは新鮮なので、エグ味や雑味が一切ない。だからメニュー名を「生コーヒー」にしませんか?と、焙煎士の亀山さんから提案をいただきました。他ではあまり見かけないメニューですから、初めてのお客さまには必ず「生コーヒーって何ですか」と聞かれます。それがきっかけで会話が弾み、リピーターになってくださることも少なくありません。美味しさはもちろん、お客さまとのコミュニケーションツールにもなるので助かっています。「他の店ではブラックで飲めないけど、この店のコーヒーだけはブラックで飲める」という声も多く、「新鮮な”生”コーヒーですから」と自慢げに応えています!また、この仕事は焙煎士さんとお付き合いも大切だなと感じます。

全国から取り寄せた結果、味と価格で決めました。

~ワンドロップカフェ(岩本町)オーナー 小松俊之様~

http://www.onedrop-cafe.com/
昔からコーヒーが好きで、全国にあるいろいろな焙煎店からコーヒー豆を取り寄せていました。そんな中で出合ったのがカメヤマ珈琲。香りや透明感のある苦味、コクが私の好みにマッチしました。「そうそう、この味!やっとたどり着いた」という感じ。それからはカメヤマ珈琲ひとすじ。その後、脱サラして長年の夢だったカフェを開業するときに、おもいきってオーナーの亀山さんに相談してみたんです。するとカフェのコンセプト、フードメニュー、客層、価格帯などを聞かれ、そのイメージに合ったオリジナルブレンドをその場で焙煎してくれました。とても嬉しく、心強く感じたものです。 私の店で焙煎したばかりのコーヒーを出したら、どんな反応が返ってくるか楽しみでしたが、実際は予想を超えるものでした。最近は常連さんが「このコーヒー飲んだら、他では飲めないね」なんて言ってくれます。注文した翌日に納品されるのもありがたい。「コーヒーは焼きたてが一番美味しい」。亀山さんに教えてもらった事を、今では私がお客さんに教えています(笑)

「サラリーマン出身」のコーヒー焙煎士
~私の経験をお伝えし、皆様のお役に立ちたいと思います~

サラリーマン時代、コーヒーはいつも私のそばにある飲み物でした。会社のデスクで、打ち合わせや待ち合わせでよく使うカフェで、私が頼むのはいつもコーヒー。でも美味しいから飲んでいたわけではなく、「相変わらず、このコーヒーはまずいな」と思ったり、飲みすぎて胃もたれすることは日常茶飯事でした。

ある時、ふと年間のコーヒー出費を計算してみたら驚くほどの金額に。「どうせお金を払うなら、美味しいと思うコーヒーに払いたい」。「たくさん飲んでも胃にもたれないコーヒーはないんだろうか」。そんな思いが、焙煎業を始める小さなキッカケでした。

調べてみると、世の中に流通しているコーヒー豆は、焙煎してから数週間~数月が経過しており、私が飲んできたコーヒーはほとんどが酸化したものであることに気付きました。
コーヒー豆は焙煎してから約2週間で酸化し、本来の味や風味が損なわれ、雑味やエグ味が出てきてしまうのです。

でも美味しさを追求したくても、業務効率や生産性、物流経路を考えると、まとめて焙煎し、茶色くなった豆を倉庫や店頭に置かなければ商売として成り立たない。それが業界の定説であり常識なのです。美味しいコーヒーを表現するのに「挽きたて」とは言いますが、「焼きたて」とは言いません。それは言いたくても出来ないからなのです。酸化した豆を「挽きたて」で飲んでも「酸化したコーヒー」なのに・・・。

そんな矛盾を感じていた中、仕事で、少量焙煎が出来るロースターの販路拡大の相談を受けました。この焙煎機なら、注文を頂いてからその分量のみの生豆を焙煎できるから、いつでも焼きたてを味わえる。しかもその日のうちに出荷すれば、酸化前の美味しいコーヒーをお客さまにお届けできる。実際、この焙煎機でローストしたコーヒーは、めちゃくちゃ美味かった!

これが大きなキッカケとなりました。

今使用しているのが、その焙煎機。

酸化したコーヒーは、ラップでチンしたごはんのようなもの(持論)。
炊きたてのごはんが美味しいように、コーヒーも焼きたてが一番美味しい。
コーヒー豆そのものが本来持っているピュアな美味しさを、ぜひ知っていただきたい。
それが今も私を突き動かす原動力となっています。

だから生豆しか置いていません。

コーヒーについて詳しくない方にも、開業できるだけの知識を一からご提供します。
「美味しいコーヒー豆を焙煎すること」、「コーヒーについて知ってもらうこと」、それが私の得意分野です。

オーナー焙煎士・亀山のプロフィール
1969年生まれ 大阪出身
92年に(株)リクルート入社。就職情報誌事業部に勤務。
94年に新規事業である独立・開業支援事業に配属。
97年アントレ創刊を経て06年までGMとして多くの飲食店開業とメンバー育成に携わる。
06年7月に珈琲焙煎店カメヤマ珈琲を開業。
日々の焙煎の傍ら、珈琲セミナーの講師も勤める。

「うまい」の一言にこだわる 自家焙煎店「カメヤマ珈琲」の10か条

その1:あなたのお店だけのための焙煎を安価に。

店内には焙煎前の生豆しか置かず、ご注文を頂いてからその銘柄の焙煎を始めます。あなたのお店だけの焙煎をしますので、細かいご要望にお応えしたコーヒーをお届けすることができます。また生豆は劣化しにくいのでロスが無いことと、自宅兼店舗の焙煎店で家賃が無いため、その分安価な価格でご提供できます。

その2:どこよりも新鮮なコーヒーをお届け。

ほとんどの飲食店では焙煎してから1~3ヶ月経過した豆を仕入れていますが、全て焙煎日に出荷しますので、焙煎した翌日にコーヒー豆をお届けできます。店舗内に焼き置きは一切しておりません。
※九州・四国・北海道は輸送に中1日かかりますので、焙煎日の翌々日の納品となります。

その3:スピーディーな納品。

メール、電話、FAX等でご注文を頂戴した当日に焙煎と出荷を行いますので、ご注文日の翌日が納品日となります。時間指定も可能。
※16:00以降のご注文の場合、焙煎が翌日となり納品がご注文日の翌々日になることもあります。
※九州・四国・北海道は輸送に中1日かかりますので、ご注文日の翌々日の納品となります。

その4:小口の注文もOK。

ご注文は200g(約20杯分)からお受けいたします。ホットコーヒー・アイスコーヒー・エスプレッソ用の豆の小分注文も承ります。※送料(500円)はご注文金額が3500円以上で当店負担。

その5:世界中から集めた最高グレードの豆を使用。

取り扱う豆は世界各国、かつその国の一級品のみ。「オーガニック」や「フェアトレード」での取り扱い豆も取り揃えております。

その6:欠点豆をハンドピック。

味を狂わす「欠点豆」を陳列時、焙煎直前、焙煎後の3重チェック。一粒一粒ピンセットでハンドピックしています。手間がかかる作業なので他店ではほとんど行われていませんが、日本一欠点豆の少ないコーヒー豆の出荷を目指しています。

その7:あなたのお店だけのオリジナルブレンドを作成。

お店のコンセプトや料理に合う、世界でたった一つのオリジナルブレンドを無料作成。お店のオリジナルのブレンド名を命名いただけます。

その8:鮮度を保つオリジナルの包材を使用。

コーヒー豆の酸化を遅らせるために当店が開発した『ワンウェイバルブ付きアルミパック』を包材に使用。味や風味、鮮度を逃がしません。ジッパー付きなのでそのままご利用いただけます。冷凍庫で保管OK。

その9:コーヒーの豆知識を伝授。

納品ごとに独自に作成した「コーヒートリビア」を同封。コーヒーに関する知識をその都度ご提供いたします。

その10:心を込めて焙煎。

オーナー焙煎士の亀山が、お客さまに美味しく飲んでいただけるよう心を込めて焙煎いたします。

お客様に語れるコーヒーの味について

    • 酸化前の焼きたて新鮮なコーヒーは雑味やエグ味が一切無く、その豆が本来持つ味を忠実に引き出します。
      ※コーヒーは焙煎してから2週間で酸化します。
    • 酸化前のコーヒーは何杯飲んでも胃もたれしません。また、身体にいい成分が豊富に残っております。《ポリフェノール・クロロゲン・カフェイン etc・・・
    • 酸化前のコーヒーはピュアな味ですので、通常ミルクや砂糖を入れるお客様でもブラックで飲めます。

「この店のコーヒーだけはブラックで飲める」というお客さまが非常に多いのが特徴です。
(ミルクや砂糖、マドラー等の消耗品の削減に繋がります)

  • 「コーヒーを飲む楽しみの半分は香り」と言われますが、焼きたてのコーヒー豆は粉に挽いた瞬間から癒しの香りが店内を漂います。
  • 大量に焼き置きする大手コーヒーメーカーや焙煎店では味わえない、豊潤な香りと味わいが楽しめます。

他店と差別化 導入店舗様の活用事例

  • お客様へのイメージアップに『オーガニック&フェアトレード』の豆を使用し、他店との差別化を図る。
  • 店内のPOPで『当店では、焙煎したての新鮮な状態にあるコーヒー豆を使用しております』『当店のコーヒーは専属の焙煎店で焙煎したものを使用しております』と客様にアピール。
  • 焼きたてコーヒーを通常メニューに加え、「スペシャルブレンド」や「リッチブレンド」などのネーミングでワンランク上の価格帯で勝負できます。

※紅茶についてのご相談も承ります。

当店のお取引先ジャンル

ホテル内カフェ・カフェ・オーガニック系レストラン・アンチエイジングレストラン・イタリアンダイニング・ダイニングカフェ・企業内カフェ・洋菓子店・ギャラリーカフェ・カレー専門店 など

toiawase

▲ このページのトップへ