コーヒーとストレスの関係

コーヒーに関する様々な研究が世界各地の大学や医療機関で行われていますが、
最近「コーヒー」と「ストレス」の関係についての研究が発表されました。
「ラット」を使った実験でなのすが、
まず、実験に使われるラットにストレスを与えるため、
1回目は何も与えずに100分間、体を板に固定し動けない状態にし拘束。
当然ながら、この状態のラットからは高い数値のストレス反応が測定されました。
2回目の拘束の直前に「コーヒー」そしてコーヒーの成分である「カフェイン」
「クロロゲン酸」「生理食塩水」をそれぞれのラットに投与し再び100分間拘束。
再度ストレス反応を測定し、1回目に測定した数値と比較しました。
すると、「生理食塩水」では15%減少した程度なのに対し、
「コーヒー」では63%減少、「カフェイン」では66%減少したのです。
なお、「クロロゲン酸」ではこの実験ではあまり効果が見られませんでした。
この実験からコーヒーにはストレスを暖和する作用があり、
その効果はコーヒーに含まれる「カフェイン」によってもたらされることがわかったのです。
~中村学園大学家政学部青峰正裕教授の研究結果より~
コーヒーを沢山飲む人は「ストレスに強い」、
「自殺者が少ない」という話をよく聞きますが、
こういう事実に裏づけされた結果なのかも知れません。
ストレスが溜まるハードな仕事をしている人達が
1日に何杯もコーヒーを飲むのは、身体の防御反応かもしれませんね。
今日の看板ネコ ピーコ♀
Image335.jpg
休憩中・・・
先日観戦した「横浜FC vs ザスパ草津」戦 @日産スタジアム
Image327.jpg
0対0のドローだったけど、芝が綺麗で気持ちよかった・・・
Kingカズも出てました。ちなみに「ザスパ草津」の「ザスパ」は
THE SPA(温泉)から来てるんですよ。
[銀の豆HPのTOPに戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です