ナポレオンとコーヒー

『体を暖め、勇気を引き出してくれるこのコーヒーを兵士達に与えよう。
余の作戦と優れた兵士達がいれば、世界は余の手のひらにあるも同然』
ナポレオンの言葉です。
軍隊の飲みものにコーヒーを初めて採用したのはナポレオンでした。
1797年、ウィーンに入城したナポレオンは、
手にしていたコーヒーカップを床に落とし、粉々になったカップを示して
『余は貴殿方の国をこのようにできるのである』と
講和条約を拒み続けるオーストリア政府を恫喝し、
将軍たちをさらにふるえあがらせたと伝えられています。
そして1806年、ベルリンに入城した彼は、
残る最大のライバル・イギリスを標的に大陸封鎖を行います。
イギリスの海上貿易に大打撃を与えようという狙いでした。
しかしその結果は、思わぬフランス民衆からの反発でした。
『我々の愛するコーヒーを返せ!』
フランスが輸入にたよっていた砂糖とコーヒー豆をも、
ナポレオンの作戦は封鎖してしまったのです。
なぜか常勝ナポレオン軍の神話は、それ以後消えていきました。
コーヒーを愛した英雄は、コーヒーを敵に回したことで、
あと一歩だった夢の実現を打ち砕かれてしまったのかもしれません。
ナポレオンのエピソードは、
コーヒーが政治の舞台に登場した代表的な例と言えるでしょう。
今日の看板ネコ 光るピーコ♀
Image221.jpg
店番中・・・
キョウスケ♂
Image225.jpg
店番中・・・。
[銀の豆HPのTOPに戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です