コーヒーカップの名前の定義

お気に入りのコーヒーカップと過ごすひと時は
目を楽しませると同時に心の安らぎを生みます。
コーヒーカップの起源は17世紀と言われていて、
ヨーロッパに本格的にコーヒーの輸入が広がるのと同時に
それを淹れるカップも次々に広がっていきました。
現在それは用途によって
呼び名と機能が異なるカップに進化しました。
コーヒーカップの種類による名前の違いは、
そのサイズで線引きされています。
●《マグカップ》⇒180cc~250cc
●《モーニングカップ》⇒160cc~180cc
●《レギュラーカップ》⇒100cc~150cc
●《セミデミタスカップ》⇒75cc~100cc
●《デミタスカップ》⇒45cc~65cc
当店でもコーヒーカップは取り扱っています。
コーヒーを入れるとハートの形が浮き上がる可愛いカップで、
いくら飲んでも最後までハートの形が崩れません。
お洒落なのに飲みやすいのが特徴。なんと有田焼。
特にギフトで喜ばれるカップです。
IMG_5080.jpg
ハートフルマグ(M
しかし名称が『ハートフルマグ』・・・。
容量がレギュラーサイズなのに「マグ」。
これはメーカーに教えてあげないと・・・。
懐かしの看板ネコ ピーコ♀とキョウスケ♂
080327 2.jpg
キョウスケ♂(下)が逝ってから、
ピーコ♀(上)がワオワオ鳴くようになりました。
寂しいんでしょう・・・。
カメヤマ珈琲HPのTOPに戻る

コーヒーカップの名前の定義” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 富所美帆 より:

    ハートフルマグのデミタスのカップ1客ほしいのですが購入できますか?

    1. kameyama より:

      以前扱っていたのですが、現在は仕入れておりません。申し訳ありません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です