コーヒーに入れるクリームあれこれ

前回ご紹介したクリームの続編です。
コーヒーに入れるクリームもいろいろあったりします。
それぞれの特徴を挙げると、
[:見る:]牛乳
 コーヒーに入れるなら脂肪分3.5〜5.0%
 カフェオレやカフェラテには欠かせません。
[:見る:]動物性クリーム
 新鮮な生クリームから作られており、
 苦味の強い濃い目のコーヒーに相性が良い。
[:見る:]植物性クリーム
 植物性脂肪で作られ風味が優しい。
 あっさりとしたコーヒーとの相性が良い。
[:見る:]動物性+植物性クリーム
 生クリームをベースに植物性脂肪などを加えたもので、
 どんなコーヒーでも合う。
[:見る:]生クリーム
 生乳から分離したクリームを均一化したもの。
 新鮮さが良い。
[:見る:]粉末クリーム
 生乳から分離したクリームを均一化し、
 粉末にしたもの。植物性もある。
[:見る:]コンデンスミルク
 加糖練乳とも言われ、
 甘味があるのでデザート感覚でコーヒーを楽しむ時にオススメ。
 苦味の強いベトナムコーヒーには欠かせない。
よくクリームをコーヒーに入れた時、
凝固している(フェザリング)場合があります。
その原因は以下の可能性があります。
○クリームが古い。
○コーヒーの温度が高すぎる。またはクリームが冷えすぎている。
○コーヒーが古い。
いつも飲んでいるコーヒーにミルクを入れてみると
まろやかになり、また違った風味を楽しむことが出来ます。
胃にも優しいので、たまにはいかがですか?
[通販サイトTOPに戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です