コーヒー中毒ってホントにあるの?

よく、「コーヒー中毒で、1日に何十杯もコーヒーを飲んでる」
という話を耳にします。
本当にコーヒーは中毒性のあるものなのか調べてみました。
カフェインは、国際疾病分類(※)で中毒物には指定されていません。
またカフェインに関する研究でも、依存性や濫用性は認められていないとのこと。
コーヒーの場合は「中毒」という言葉より
「習慣性」という表現の方が正しいようです。
コーヒーを飲み続けても、
カフェインを長期間にわたって増量する(中毒性物質に特有の性質)ことはなく、
適度な摂取を保ったり、調節することができます。
ごく一部の人に、急にコーヒーを止めると軽い頭痛のような
弱い離脱症状を経験する人がいるらしいのですが、
このような症状は長引くことはなく数日で消えるとのことです。
※国際疾病分類とは、世界保健機関(WHO)が決めている疾病等の分類です。
今日の看板ネコ ピーコ♀
Image226.jpg
はじめましてニャ~
Image232h.jpg
お婆ちゃんじゃダメなのね・・・
[銀の豆HPのTOPに戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です