世界のコーヒー受難史

今でこそ世界中で愛されているコーヒーですが、
そこに至るまでは色々と障壁があったようです。
そんなエピソードを「コーヒー学入門・著 広瀬幸雄」から抜粋してみると・・・
1967年、ロンドンの婦人達が
『コーヒー反対運動』のスローガンを掲げ猛運動を起こしました。
当時、男性のみが出入りするコーヒーハウスに亭主が入り浸り、
家に帰ってこないことが原因。
そんな亭主に“今後キッスお断り”という宣言をして対抗したのですが、
それでも一向に男性軍のコーヒーハウス通いを止めなかったことで、
しりつぼみになってしまいました。
1675年、チャールズ2世が、
コーヒーハウスに人が集い政治講義をするのを恐れ、
「カフェ閉鎖宣言」を出しましたが、あまりの反発の大きさに驚き、
直ぐに禁止を解いてしまいました。
しかし1789年のフランス革命は、
青年革命家が毎日コーヒーハウスに集まり、ルイ16世の暴政をあばき、
人々に革命を訴えたことから起こったと言われていることから、
チャールズ2世の禁止令も的外れだったわけじゃ無さそうですね。
そんな歴史を経て
今は1杯のコーヒーがどこでも誰とでも気軽に楽しめる世の中になったんですね。
めでたしめでたし・・・
今日の看板ネコ
ピーコ080318.jpg
お客様待ちのピーコ♀
左キョウスケ♂右ピーコ♀
Image150.jpg
シャネル寝!?(強引に見ればシャネルのマークに・・・見えん・・・か)
[通販サイトTOPに戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です