日本人のコーヒー飲量って年々・・・

日本人一人あたり飲むコーヒーの杯数の推移ですが、
皆さんは増えてると思いますか?減ってると思いますか?
調査対象が中学生~79歳までの「全日本コーヒー協会」が発表しているデータを見てみると・・・
26年前の1983年は一人当たり1週間で飲むコーヒーの杯数は『8.6杯』。
直近のデータは2006年なのですが『10.6杯』になっています。
約2杯ほど増えているんですね。
年々徐々に増えているわけでなく、ピークは2000年の『11.4杯』。
2002年に『10.0杯』まで下がり、その後増加しています。
これはコーヒー全般のデータで、
インスタントとレギュラー、缶コーヒーに分けてみると、
「インスタント」は1983年から2006年で『0.6杯の減少』。
「レギュラー」は『1.2杯の増加』。「缶コーヒー」は『0.8杯の増加』となっています。
また2006年の調べで、年齢別の一週間のコーヒー飲量を比較すると、
【中学生】 ⇒2.2杯 男性の方が1.4杯多く飲んでいます。
【18~24歳】⇒5.48杯 男性の方が1.3杯多く飲んでいます。
【25~39際】⇒11.7杯 男性が2.4杯多く飲んでいます。
【40~59歳】⇒13.6杯 女性が逆転し0.5杯多く飲んでいます。
【60~79歳】⇒9.3杯  男性が逆転して1.7杯多く飲んでいます。
平均すると10.6杯になります。
多いのか少ないのかこれだと良く分かりませんが、
他のソフトドリンク(お茶、コーラ、果実飲料、炭酸飲料、紅茶)と比較すると、
最も飲量が増加しているのがコーヒーなんです。
今日の看板ネコ ピーコ♀
Image184.jpg
店の前の桜も満開ニャ♪
銀の豆HPのTOPに戻る

日本人のコーヒー飲量って年々・・・” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 天王洲アイルの住人 より:

    こんにちは。久し振りにコメントさせてもらいます。
    なんか昔のイメージだとコーヒーは大人が飲む物って感じでしたが、今や中学生や高校生でも頻繁に飲む飲み物になったのですね。。それも、スタバやドトールなどちょっとおしゃれなカフェがたくさんできたおかげ?でしょうか?そういえば、スタバやタリーズで宿題している高校生とか見かけるようになりましたね。インスタントコーヒーの量が減っているのは、そういったお手軽な本格的?コーヒーが飲めるようになって、日本人1億総人口”違いがわかる男?女”になってきたってことですかね。。。(でも、銀の豆のコーヒーを飲めば、それは本当のコーヒーじゃないってことがわかりますね)

  2. 店主 より:

    天王洲アイルの住人さんへ
    いつもコメントありがとうございます。
    インスタントが減っている理由は確かにそうかもしれませんね。その先のコーヒーがあることをもっと多くの人に知ってもらえるのが私の目標です。天王洲アイルの住人さんはその理想モデルかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です