真空パックのコーヒーって新鮮?

真空パックといえば、
「鮮度を保存する。劣化を遅らせる。」というイメージがありますが、
コーヒーの粉も真空パックして売られているものがあります。
そのため、よくお客様からコーヒー豆の鮮度を保つため
「真空パックできませんか?」と聞かれます。
コーヒー豆は
焙煎し茶色くなったところから酸化が始まるので
お気持ちはよく分かります。
生鮮食品ですから当然鮮度は保ちたいですよね。
しかし、コーヒーの場合はちょっと違うのです。
酸化前の新鮮なコーヒーは呼吸をしており、
炭酸ガス(これがコーヒーの癒しの香)を発しているので真空パック出来ないのです。
要は完全に酸化し切ったものでしか真空パックは出来ません。
もし、新鮮なまま真空パックしたら・・・
それは恐ろしいことに!
爆発して粉が飛び散ります。
掃除が大変!
ご自宅やオフィスに到着した時の癒しの香りがその証拠。
但し、真空パックは外気を完全に遮断しますが、
通常の密封性の高いと思われる容器では
外気を完全に遮断できていないので爆発はしません。
鮮度を保つためには真空パックでなく、
密封性の高い容器に入れ替えて冷凍庫で保存していただくのが一番です。
本日の看板ネコ ピーコ♀
1.jpg
涼しくなってきたにゃ~
[銀の豆HPのTOPに戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です