ポリフェノール(クロロゲン酸)が多く含まれているコーヒー

最近コーヒーの効能を紹介する番組をよく目にするようになりました。

そのほとんどがコーヒーに含まれる「カフェイン」や「クロロゲン酸」(ポリフェノール)の効能になります。

「カフェイン」については良くも悪くも昔から注目されていましたが、「ポリフェノール」の一種である「クロロゲン酸」は、最近になっていろいろと分かってきた成分です。

その効果の代表的なものは、抗酸化作用によるアンチエイジング効果

お肌のシミやシワを予防し、水分保有量を増やし美肌効果があると言われています。

コーヒーエキスポに来られているコーヒー好きの女性や出展されているバリスタの女性の肌年齢を調べた番組があり、多くの方が実年齢より顕著に若かったという結果でした。

また血糖値を下げる働きがありダイエット効果もあります。効果的な飲み方として「食中」がオススメとのことです。

お酒を飲む方にも朗報で、肝機能の向上効果もクロロゲン酸にあると言われています。コーヒーを飲む方の方がγ-GTPの数値の上昇を抑えられていることがわかっています。

他に、「血管年齢を若くする」、「認知症の予防」、「骨を強くする」、「糖尿病の予防」などなど。

こういったことからコーヒーは美容や健康に良い飲み物として紹介されるようになりました。

これらのクロロゲン酸の効果は世界中の研究機関で同様の報告がされているので間違いはないかと思います。

 

さて、ここからが本題です。

 

「ポリフェノール」の1種である「クロロゲン酸」は、焙煎前の生豆の状態が最も多く含まれているのですが、焙煎すればするほどその成分は減少します。

カメヤマ珈琲はご注文ごとの少量焙煎で、1回に100g~500gしか焼きません。焙煎時間は2~4分ほど。

一般的な焙煎店ですと、1回に数kg~数十kgを数十分かけて焙煎します。

当店は少量焙煎なので圧倒的に焙煎時間が短いのです。

であれば、「他店よりポリフェノールが多い豆が焼けているんじゃないか?」という仮説が芽生えました。

そこで、福岡にある「食品機能分析研究所さん」に当店の代表的な銘柄「カメヤマブレンド」を送ってみたのです。

比べてみたかったデータがあったからです。

※BSプレミアム「若さ新常識」調べ(単位mg)

BSプレミアム「若さの新常識・コーヒーは美容ドリンク」という番組で、全国チェーン5店舗のそれぞれ代表的なコーヒーに含まれる「クロロゲン酸」の含有量を発表していたからです。

同じ粉の量を使い同じ抽出量であれば比較することができます。

結果は以下の通りでした。

(株)日本食品機能分析研究所さんからの報告書

先ほどのチェーン店のグラフに当てはめると、

※BSプレミアム「若さ新常識」・(株)日本食品機能分析研究所調べ(単位mg)

当店のスタンダードコーヒー(カメヤマブレンド)は、他店の約3.3倍のクロロゲン酸が含まれていました!!

仮説が検証され、それが予想を上回るものでした!2006年からこの仕事をしていますが初めて知りました。私も驚いています。(苦笑)

そして、美容や健康に気を使う方にはビッグニュースだと思います。

これは他店と豆が違うわけでなく、焙煎時間が短いことによって引き出された差です。

今回「カメヤマブレンド」を代表して調べてみましたが、それ以外の豆もおそらくクロロゲン酸は他店のコーヒーより多く含まれていると思います。

「カメヤマブレンド」はローストは5段階中の3番で真ん中。

さらに浅い2番や1番ローストならより多量のクロロゲン酸が含まれているでしょう。

同じコーヒーを飲むなら、ポリフェノール(クロロゲン酸)が沢山含まれている方がいいかと思います。(キッパリ)

カメヤマブレンド

《カメヤマ珈琲HPのTOPに戻る》