コーヒー豆の通販専門店 カメヤマ珈琲

ホンジュラスHG (CB0606)

CB0606
販売価格(税込)
¥1,000
オプションを指定してください。
グラム数(ホンジュラスHG)
ロースト(焙煎)
グラインド(挽き方)
数量
CB0606

●200g:1,000円(税込み)
●300g:1,425円(5%OFF・税込み)
●400g:1,800円(10%OFF・税込み)
●500g:2,125円(15%OFF・税込み)
●1000g:4,000円(20%OFF・税込み)
 
原産国⇒ホンジュラス
おすすめロースト⇒中深or深
テイスト⇒ローストの深さにより個性を変える豆。中深焙煎であれば柑橘系の酸味が味わえ、深焙煎は芳ばしいくスッキリとした苦味のコーヒーになる。
 
ドリップパックについての詳細はコチラをクリック
ロースト(焙煎)の詳細はコチラをクリック
グラインド(挽き方)の詳細はコチラをクリック


ロースト:(3)中深焙煎の場合

※酸味:青、苦味:茶色

【ホンジュラスのコーヒー豆の特徴】 

《国内の生産状況》

国土の3分の1が標高1000mを超え、コーヒー農園はこの山岳地帯に集中してる。最大の生産地はサンタイザベル地区。やわらかい酸味が特徴でアメリカに人気。同じ軟水の国である日本の水にも合うため、輸出量はアメリカに次いで2番目に多い。

《生産処理方法》

元々良質な樹木の品質を損ねないよう非常に丁寧に処理されている。『ウォッシュド製法』が主流。広い敷地で1週間ほどじっくり乾燥させる。湿気が多いので乾燥させるのが難しい地域。

《等級付け》

標高1200m以上が「ストリクトリー ハイグラウン」(SHG)、900~1200mが「ハイ グラウン」(HG)、600~900mが「セントラル スタンダード」(CS)標高が高いほど格付けは上。

《テイスト》

〈中深焙煎〉ではフルーツのような甘いフレーバーとキレのいい上質な酸味が味わえる。後味もスッキリしていて心地よい余韻が楽しめる。〈深焙煎〉では酸味が深い苦味に変わるので、深焙煎がオススメのブレンドに使用されることが多い。近年の評価が年々高まっている。

▲ このページのトップへ