『10月1日はコーヒーの日』 なぜ?

最近の朝日新聞では連日『10月1日はコーヒーの日』
とカラー広告が掲載されています。
広告主は「社団法人全日本コーヒー協会」。
国内におけるコーヒーの消費拡大を目的として設立され、
その一環として「10月1日はコーヒーの日」と決めた協会です。
footer_bnr02.jpg
世の中的には「コーヒーの日なんてあるの?」だと思うので、
広告を出して認知度を向上させようとする姿勢には好感が持てます。
あの広告を見た人は「なんで10月1日がコーヒーの日?」と一瞬よぎるはず。
コーヒー豆の形と10月1日ってなんか似てる・・・?
読み方をひねれば10月1日はコーヒーって・・・?
そんな風にちょっと考えては面倒臭くなり「ま、いいやぁ」となった人も少なくないはず。
そのちょっとよぎった疑問にお答えします。
理由は2つ。
コーヒー豆のNo,1生産地と言えば圧倒的に「ブラジル」。
そのブラジルでは9月に収穫が終了し、10月から新しい「コーヒー年度」に入ります。
また日本ではコーヒーの消費量が秋冬季に増えることから、
10月からがコーヒーのオンシーズンととらえ、
10月1日をコーヒーのキックオフ的な日にしたわけです。
ちなみに1983年に協会が定めました。
どうですか?
「ふぅ~ん」程度の理由だと思いますが、そういうことです。(キッパリ)
説明されないと絶対にわからないですよね。
ということで、いよいよホットコーヒーが更に美味しく感じる季節になりました。
!cid_ECF3EAD9-4DAB-410A-9DC8-64465766EFAC.jpg
秋ブレンド》美味しいですよ~!
[カメヤマ珈琲HPのTOPに戻る]

『10月1日はコーヒーの日』 なぜ?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 朝山晴夫 より:

     日本人はいいcoffeeを大切に飲んでます。
    海外旅行でいろんな国訪問 日本の番茶です。
    いい喫茶店に入り、香りblack で飲むと違い分かり、本当に癒されます。宜しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です