コーヒーに合う砂糖の種類

先日コーヒーに入れる砂糖の役割について書きましたが、
今日はコーヒーに入れる砂糖の種類について紹介します。
昔はコーヒーに入れる砂糖といえばグラニュー糖でしたが、
今はさまざまな甘さや口当たりを持つものが増えてきています。
コーヒーに入れて、
「軽やかな甘味」から「しっかりした甘味」への順番で並べてみると・・・
[:結晶:]氷砂糖                      【軽やかな甘味】
 ⇒白ザラメを溶かして大きく結晶させたもの。    [:down:]
[:結晶:]グラニュー糖 
 ⇒ザラメの一種で粒が小さめ。溶けやすいのが特徴。
[:結晶:]コーヒーシュガー
 ⇒氷砂糖の一種で絡める溶液を加えて茶褐色に着色したもの
[:結晶:]上白糖
 ⇒きめ細かい砂糖。溶けやすく甘味が強い。
[:結晶:]三温糖
 ⇒褐色で独特の風味を持ち、転化糖や灰分、ミネラルが豊富。
[:結晶:]ハチミツ
 ⇒ミツバチが集めた草花の蜜から混合物を除去したもの。  
[:結晶:]ガムシロップ                        [:down:]
 ⇒砂糖を水で煮詰めたもの。           【しっかりした甘味】
ちなみに「銀の豆」で扱っている砂糖の
「ペルーシュブラウン」と「ペルーシュホワイト」は三温糖になります。
1フランスの一流レストランやホテル、カフェのほとんどが
この砂糖を使用しています。
カリブで栽培されたサトウキビを100%使用した
ミネラルたっぷりのお砂糖です。
是非お試しあれ!
ぺルーシュ】開いたページの一番下
[通販サイトのTOPに戻る]

コーヒーに合う砂糖の種類” に対して 2 件のコメントがあります

  1. ハル より:

    いつも楽しく読ませていただいています。砂糖にも色々あるんですね。勉強になりました。ちなみに僕はいつもストレートはブラックですが、カフェオレを作る時に参考にさせていただきます。

  2. 店主 より:

    ハルさんへ
    コメントありがとうございます!
    いつも読んでくださってるんですね。
    大変嬉しいです!
    これからも色々とコーヒーにまつわる話を
    紹介していきますのでご愛読ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です